スタッフブログ

Blog

2022/06/23

食材高騰、建材高騰、なんでも高くなるこの世の中

スタッフブログ

女性建築士と造るハナコの家 
五十嵐です。

スーパーでお買い物をすると
あれ?なにか間違って買ったかな?と思うほど
目に見えて食材の高騰を感じますね。
主婦にはきつーい食材値上げ…
電気料金も

「あれ?昨年より使用感少ないのになんか高い…」

そう感じる方は少なくないのではないでしょうか?


実は住宅も1年ほど前からぐんぐん
高騰していることをご存じですか??


コロナウィルスやアメリカの金利引き下げによる
世界的な住宅需要の高まりがあり、
それに加えて、ウクライナ戦争など
材料輸入の調達網の寸断や
さらに円安の影響が住宅の価格上昇に
拍車をかける形で高騰し続けています。
「今だけあがっているから、もう少ししたら
落ち着くんでしょ?」
と思いたい…


ですが、一度上がってしまった価格は事態が落ち着いても
据え置かれ、下がることがないといわれています。

理由は…

❶再度コストの高騰が想定される
❷値上げした商品がすでに消費者に受け入れられている
❸原料以外のコスト、例えば人件費なども同時に上昇しているため


などいくつか要因は考えられます。

私達も企業としてできるだけお客様にご負担を掛けたくないのは
心の底から願うばかりです。

ですが、社会全体的に値上がりし続けているこの事実

そして「今後元の価格に戻っていく」
とは考えにくい現状です。




実際、窓、キッチン、トイレ、木材、鉄、鋼線…
どのくらい上がっているのでしょうか?

YKKAP
2021年11月30日、住宅用商品・エクステリア商品・ビル用商品などの一部商品について、
2022年1月発注分から順次値上げすると発表。値上げ率は約8~15%で、
住宅用商品については2022年1月1日発注分から約10~12%値上げされることになりました。

LIXIL
2021年12月7日、住宅用サッシやドア、キッチンやトイレなど
計14分野の商品のメーカー希望小売価格を、2022年4月1日受注分から
値上げすることを発表。値上げ率は「住宅用サッシ」が10~12%、
「玄関ドア(引き戸)」が8~12%、「キッチン」が2~11%、
「トイレ」が2~33%などで、最も値上げ率が大きい「水栓金具」は平均で11%程度)
値上げされることになります。

TOTO
2022年1月28日、ウォシュレットやユニットバスなど計6商品について、
2022年10月1日受注分より値上げすることを発表。「衛生陶器」が3~8%、
「ウォシュレット」が2~13%、「水栓金具」が6~12%、
「ユニットバス・システムバスルーム」が6~20%、
「洗面化粧台」が4~8%、「システムキッチン」は2~7%、
値上げされることになります

引用元:
https://finance.recruit.co.jp/article/n064/


パナソニックハウジングソリューション
2021年8月
以下(引用元:https://sumai.panasonic.jp/pdf/mizu_kaitei02.pdf)


引用元:
https://finance.recruit.co.jp/article/n064/


価格改定は数段階に分けて上昇していることから
今後も上昇傾向にあることが感じられます。



「いつかは新築を…」と考えている方がぜひともその願いを叶え
新築計画を計画的に
思い通りのマイホームが手に入れられるように
少しずつでも見学会にいったり、資金計画の相談をしたり
一歩前に進めることをオススメします!!♪



オフィスHanakoでは、こうした資金のお悩みに
お応えできるシュミレーションシートを
相談時作成していただけます。
家族構成|趣味や過ごし方等できるだけ
詳細に聞き取り、無理のない楽しい暮らしができる
資金の計画についてお話させていただきます。

みるだけ、聞くだけでも大丈夫です。
是非ご来場くださいね♪
---------------------------------------------------------------
「とりあえず資料だけ」という方はコチラ
予定が合わないから別イベントへという方はコチラ
平日のご予約ご希望の方はコチラ
WEBでの相談会も開催しております

新潟で新築|注文住宅|一戸建て|家を建てるならオフィスHanako株式会社
新潟で新築|注文住宅|一戸建て|家を建てるならオフィスHanako株式会社