スタッフブログ

Blog

2021/02/20

新築の現場管理を担当していますその2

女性建築士と造るハナコの家
新築の現場管理を担当しています、五十嵐と申します。

以前お客様より「現場管理って何をするんですか?」と聞かれ、
ご紹介しているコーナー?です!
前回の【基礎工事~仮設工事】編はこちら

今回は大工工事からをご紹介します☆
足場が組みあがる前後で基礎の上の土台を敷きます。
この時、基礎と土台・柱をしっかり固定するためアンカーが大事になります。
基礎工事の際、しっかりチェックしておくことが大事です。


そしてとうとうクレーンによる棟上げ作業です!
この日で建物の形がほぼ出来上がります。
大きなクレーンや資材運搬のトラックも出入りするため、
現場・近隣の安全のため状況に合わせた準備が必要となります。
こういったことも現場管理の重要なお仕事ですね!


しばらくは表には出ませんが、重要な工事が進んでいきます。
防蟻処理工事

シロアリ駆除の薬剤を噴霧して大切なお家を守ります。
薬剤は人にも環境にもやさしいものなので安心です。

床下配管工事

電気配線工事

どちらも天井や壁、床などで隠れてしまいますので、仕上がりやメンテナンスなどを考慮しながら設置していきます。

その後に、金物検査といって、基礎と土台のアンカーや筋交いなどの金物などがしっかり施工されているか確認の検査があります。
検査が終わると断熱材を詰める作業になります。


中が進んでいるころ、外側の工事も進んでいます!
屋根工事
 

下葺きのルーフィングと、ハナコ標準のオークリッジという屋根材です。

外壁工事
 

外壁を貼る前には、下地の防水処理がしっかりとされているか検査を受けます。

大工工事の間にもさまざまな工事が関わっていますので、
現場監督は、これらの状況や仕上がりを確認しながら業者さん職人さんと連携して工事を進めていきます。

次回は「仕上げ工事」編をご紹介します!

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----
最新のイベント・見学会情報はコチラ
資料請求の方はコチラ


「かわいいだけじゃないの」
新潟で新築|注文住宅|一戸建て|家を建てるなら
オフィスHanako株式会社